ロケーションインサイト

ロケーションに基づくデータを活用して、より包括的なカスタマーエクスペリエンスを実現。

カスタマーエクスペリエンス 全体を改善。

顧客は満足度を高めるためにどうしてほしいかを伝えてくれています。でも、その声に耳を傾けていますか?消費者が自社の実店舗へ足を向ける – あるいは、避ける – 理由を理解していますか?

ブランドは、自社のビジネスの物理的な視点とデジタルな視点をつなげ、自社のロケーションに関する顧客の意見に耳を傾け、こうしたインサイトをカスタマーエクスペリエンス全体の改善に活用できるようにならねばなりません。

Yelpも含めたトップのチャンネルからコンテンツをモニターし、シングルビューで感情を解き明かす。

オンラインと実店舗での エクスペリエンスを一元化。

Sprinklr のロケーションインサイトがあれば、企業 はその運営、マーケティング、およびケアの戦略を洗練すべく、ロケーションに基づくソーシャルデータを活用できます。顧客がどこにいるのか、そして施設の場所についてどう感じているのかを知り、全体的なカスタマーエクスペリエンスを改善するために必要な洞察を収集する。

「いま、企業にも人間らしさが求められています。グローバルブランドにとっては難しいことですが、その取り組みの第一歩となるのが、お客様との一対一の会話を大規模に行うことです。Sprinklrにはこの戦略を可能にするツールが基本機能として用意されています」

ポール・マットソン氏
U.S.エンゲージメント&カスタマーエクスペリエンス担当ディレクター
- McDonald’s

「当社の世界規模のニーズに合わせてSprinklrのメジャメントとリスニングの機能をフル活用し、ホテル予約や収益に関する当社独自のデータを組み合わせることで、パズルのピースがすべて揃った状態となりました。そのおかげでソーシャルメディア上での予約状況やカスタマーエクスペリエンスの様々な影響を迅速に把握することができます」

アレックス・スタイン氏
ソーシャルメディア&ブランド インテリジェンス担当マネージャー
- Starwood

「最後の2社を評価し、最終的にはプラットフォームのクオリティで決めました。Sprinklrはデザインも洗練されていて使いやすかったのですが、他のプラットフォームはそうとは言い難かったのです」

ケイシー・ウォーニック氏
ソーシャルメディア担当ディレクター
- Alamo

「当社がSprinklrを選んだ理由は、高度なレポート機能と管理機能です。Sprinklrなら、当社が扱う複数のブランドや商品のソーシャル アクティビティに関するインサイトを獲得できます」

ケイティ・ワー氏
シニア ソーシャルメディア マネージャー - LogMeIn

「当社がSprinklrを導入したのは、Sprinklrと当社のビジョンが一致していたからです。顧客に対する考え方についても共通の理解があります。Sprinklrは、テクノロジーではなく、顧客を中心に据えているということが、最も重要なポイントでした」

キース・ムーア氏
CMO - Santander

複数の店舗ロケーションにて 一貫性のある エクスペリエンスを確保。

  • 顧客の感じていることを理解する – ビジネスやロケーションを再訪したくなる (あるいは、したくなくなる)理由は何かを理解する。
  • 製品開発、店舗の改善、人材の交替やカスタマーケアの取り組みを通じて顧客のフィードバックに対応。
  • 業務改善から推論を排除し、カスタマーサービスの観点から店舗ロケーションが不足している点を認識し、必要な変更を実施。
  • マーケティング、オペレーション、消費者インサイト、研究開発チームに有用な洞察を提供する統合型プラットフォームへアクセス。
  • オンサイトマーケティングのパフォーマンスをモニタリングし、キャンペーンの有効性を追跡。
  • 自社や競合他社にとって、また業界内で有効な手段と–そうでない–手段を理解。

詳細を見る

グローバルに展開する各マーケットを通じて見極めて優先順位を付け、改善に向けて行動しましょう。

Pin It on Pinterest