CASE STUDY – TaylorMade – adidas Golf Company

KPIに照らして成長を把握するために、TaylorMade-adidasが採用している方法とは

1979年に創業したTaylorMade-adidas Golf Company(TMaG)は、ゴルフクラブ、ゴルフバッグ、アクセサリーなどを扱うメーカーです。今や世界最大のゴルフギア&アパレルブランドとなったTMaGでは、ソーシャルチャネルにおけるアウトバウンドコンテンツの効果を見極める必要がありました。同社が求めていたのは、複数のプラットフォームを1か所でまとめて分析する機能や、7日間〜30日間の各期間に対して設定された目標・指標に基づいて、キャンペーンの効果を比較する機能でした。キャンペーン期間中、ブランドの投稿に対するエンゲージメントや公式ハッシュタグの利用状況を把握したり、アドボケート(支援者・ファン)を特定する必要もありました。

過去30日間の状況を確認することは、ソーシャルを活用した製品発表やキャンペーンの成果を知るためのレトロスペクティブ(振り返り)の手法としては優れていましたが、それだけでは、リアルタイムの対応に関して、遅れを取ることになります。TaylorMade-adidas Golfのデジタル戦略担当ディレクター、ライアン・ローダー氏は、次のように述べています。「ソーシャルのアナリティクスの違いはそこにあると思います。つまり、長期的な意思決定に役立つレトロスペクティブな分析と、その場で対応するためのリアルタイムの分析、それぞれのバランスが大切なのです」

TaylorMadeでは、Sprinklrを活用し、ソーシャルデータをもとに効果の高いエリアの特定を行っています。こちらのケーススタディをダウンロードして、その活用方法をご覧ください。

ケーススタディを入手する

ケーススタディを入手する

ケーススタディを入手する