スプリンクラーサービス規約

スプリンクラーのサービスを利用する前に、以下のサービス基本条件(以下「本規約」といいます。)をよくお読みください。お客様は、プラットフォームライセンス注文書(以下「注文書」といいます。)への署名をもって、スプリンクラーサービスの無料試用期間(デモアカウント等)、購入、さらにはその後の継続的な使用にも適用される以下の条件に合意するものとします。スプリンクラーのサービスは、以下の契約条件(以下「本契約条件」といいます。)を遵守することを条件に利用可能となります。また、以下ではサービス契約を「本契約」といいます。

     1.  定義

「アカウント」とは、本プラットフォームへのアクセスおよびその使用に用いられる、パスワードで規制されたお客様のアカウントをいいます。

「関連会社」とは、発行済み株式総数または持分の50%超を有することによって、本契約の当事者を支配し、本契約の当事者によって支配され、または本契約の当事者と共通の支配下にある法人をいいます。

「代理店」とは、お客様の代理人、広告代理店、またはその他のお客様のサービスプロバイダーをいいます。

「接続サービス」とは、お客様が本プラットフォームを通じて接続を希望する、本プラットフォームによってサポートされる様々なソーシャルメディアサービスをいいます。

「接続サービス権限」とは、お客様の接続サービスアカウントに関してお客様がスプリンクラーに与える権限をいいます。これによって本プラットフォームがお客様の接続サービスアカウントと情報の授受をすることが可能になります。

「コンテンツ」とは、形式や特性を問わず、テキスト、データ、グラフィック、写真、音声、動画、電子メッセージ、商標、およびその他のブランドID等のマテリアルをいいます。

「お客様」とは、ライセンス注文書で定義されるお客様をいいます。

「注文書」とは、購入モジュール、期間、料金等の本プラットフォーム情報を規定する、両当事者が締結する注文書面をいいます。

「本プラットフォーム」とは、該当する注文書の指定通りにインターネット経由でお客様がアクセスする、スプリンクラー独自のソーシャルリレーションシップインフラソフトウェアプラットフォームをいいます。本プラットフォームには、契約期間中に実施される更新が含まれます。

 処理される」とは、アップロードされる、保存される、加工される、または送信されることをいいます。

「専門サービス」とは、締結済みのSOWの規定に従いお客様が受け取ることを選択する、随時提供される可能性がある、本プラットフォーム以外のスプリンクラーソーシャルメディアサービスをいいます。

「ソーシャルメディア情報」とは、お客様の顧客、フォロワー、接続サービスの参加者に関連するデータをいいます。

「スプリンクラー」とは、Sprinklr Japan株式会社をいいます。

「スプリンクラーサービス」とは、日本語版の本プラットフォームおよび専門サービスをいいます。

「業務記述書(SOW)」とは、業務内容や料金等のお客様が発注する専門サービスを規定する、両当事者が締結する注文書面をいいます。

「更新」とは、スプリンクラーが本プラットフォームに対して行う修正・改訂・変更をいい、別料金なしでスプリンクラーが顧客一般に提供します。

「ユーザーガイド」とは、本プラットフォームのユーザーをサポートするために、サポートポータルを通じてお客様が利用できるようにするスプリンクラーのマテリアルをいいます。こうしたマテリアルは、契約期間の間に更新される可能性があります。

     2.  使用権

2.1                   本契約の条件に従い、スプリンクラー は、以下に限定した目的の範囲で、契約期間中に、インターネット経由で本プラットフォームにアクセスし使用する権利(非独占かつ譲渡不可)をお客様に許諾します。

(i)お客様の接続サービスアカウントを通じたコミュニケーションやデータへのアクセス・読み取り・返答のために接続サービスのお客様アカウントに接続するため。

(ii) 本プラットフォームおよび接続サービスのお客様の使用についてのレポートを社内使用のみの目的で閲覧、印刷、およびダウンロードする等の販売促進管理を行うため。

(iii)注文書で指定されるその他の用途のため。

本プラットフォームへのアクセスは、各注文書の期間中において注文書で指定された数のお客様ユーザーしか使用できません。

スプリンクラーは、お客様ユーザー数を確認するために、スプリンクラー プラットフォームの使用を定期的に調査する予定です。かかる調査でユーザー数が購入範囲を超えることが確認された場合は、お客様は、スプリンクラーに対して、購入人数を超えるユーザーが本プラットフォームに追加された日からの追加ユーザーに対する追加料金を支払わなければならず、かつ、追加料金を支払えば足りるものとします。

追加ユーザーの料金は、新たな注文書に基づき、その時点での現行料金で算定し支払うものとします。

2.2                   本契約の条件に従い、お客様の関連会社および代理店は、お客様およびお客様の関連会社の利益のために本プラットフォームにアクセスして使用できます。

スプリンクラーサービスを使用するお客様の各関連会社および代理店は、お客様と同様に、本契約上の債務を負うものとします。ただし、お客様は、本契約に基づきお客様の関連会社および代理店の作為または不作為のすべてに責任を負うものとします。

2.3                   スプリンクラーは、セクション12で規定するサービス内容(以下「SLA」といいます。)で規定するサービス内容に従って、スプリンクラーサービスを提供します。

     3.  認められる使用法とアカウント管理

3.1                   お客様は、お客様のアカウントを通じてのみ本プラットフォームにアクセスして使用することができ、接続サービス権限等の正確かつ最新のアカウント情報を提供し維持することに同意するものとします。

お客様は、自身のアカウントで実行するすべての活動、ならびに本プラットフォームで自身のアカウントを通じて処理されるすべてのコンテンツおよびソーシャルメディア情報に責任を負うものとします。コンテンツについては、以下のことを禁止します。

(i) 中傷的、少数派にとって有害、猥褻、品位を欠く、ポルノ、誹謗、威嚇的、ハラスメント、虚偽、誤解を招くこと、または不正確であること。

(ii) トロイの木馬、ワーム、もしくはシステム、データ又は個人情報を阻害し、損傷し、破壊し、密かに妨害しまたは剥奪するためのウイルスやプログラミングルーチン(以下「ウイルス等」といいます)に感染すること、またはスプリンクラーおよびその他の第三者のシステムをウイルス等に感染させる原因となること。

(iii) プライバシーに関する法律やプライバシー基準等の(以下「法令」といいます。)に違反すること。

(iv)接続サービス規定や指針に違反すること。

(v) 第三者の権利を侵害すること。

(vi)健康情報、医療情報、財務情報、クレジットカード、またはその他の支払に関する情報若しくは13歳未満の人物に関するあらゆる情報を含むこと。

本プラットフォームを通じて処理されるソーシャルメディアの情報は、個人情報の収集、保持、使用、処理、または開示に適用する法規制に違反してはなりません。

上記の(i) – (vi)の規定に反するコンテンツ、および前文に反するソーシャルメディア情報を以下では「禁止情報」といいます。

お客様は、本プラットフォームを通じて、もしくは本プラットフォーム内で処理されるすべてのコンテンツのレビューおよび承認に責任を負うものとします。

お客様は、スプリンクラー サービスを通じて処理される接続サービスのユーザーから受信するメッセージのモニタリング、およびに本プラットフォームからの禁止情報を削除する責任のみを負うものとします。

スプリンクラーは、コンテンツを事前に選別しませんが、スプリンクラーの合理的な判断に基づき、本プラットフォームからコンテンツを削除し、または本プラットフォーム上でのコンテンツ処理を拒否する権利、およびスプリンクラーサービスを通じてコンテンツを利用できないようにする権利を有します。ただし、これは義務ではありません。さらに通知を受けた時点で、スプリンクラーは、かかる禁止情報を処理した認定ユーザーによる使用を禁止し、または一時停止することができます。

3.2                   お客様は、直接・間接を問わず以下の行為を行うことができません。

(i)ソースコード、オブジェクトコード、基本構造、本プラットフォームのアイデアやアルゴリズムのリバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブル、開示、またはそれらを見つけようとする試み。

(ii)本プラットフォームに基づく二次創作物の変更、翻訳、作成。

(iii)タイムシェアリングやサービスビューローの目的、その他第三者(本規約に基づき許可される関連会社を除く)によるスプリンクラーサービスの使用。

3.3                   お客様は、アカウントへの認定ユーザーの追加、全アカウントパスワードの秘密保持、認定ユーザーだけが各アカウントパスワードを使用することの保証、アカウントとパスワードが共有されないことの保証、アカウントのセキュリティ、ならびに本プラットフォームおよび接続サービスへの接続・アクセス・使用に必要な設備のセキュリティの確保に責任を負うものとします。

お客様は、本プラットフォームへのアクセスを認定ユーザーのみに制限し、本プラットフォームの使用を認められなくなった従業員、契約社員、お客様の代理人がお客様のアカウントにアクセスできないように迅速に手配するものとします。

     4.  所有権とライセンス

4.1                   ソーシャルメディア情報及びお客様のアカウントで本プラットフォームを通じて処理されたすべてのコンテンツについての権利、所有権、利益はすべてお客様に帰属します。

4.2                   本プラットフォーム、ユーザーガイド、およびスプリンクラーサービスの権利、所有権、および利益はすべてスプリンクラーに帰属します。

4.3                   お客様は、契約期間中、スプリンクラーに対して、以下の行為を実行するロイヤルティ不要・非独占的・譲渡不可・ワールドワイドな権利、およびライセンスを供与するものとします。

(i) スプリンクラーサービスを提供するための、本プラットフォームを通じたインターネット、無線通信サービス、ソーシャルメディア経由の電子コンテンツの複製、キャッシュ作成、保存、再製、実行、表示、使用、配信、送信、公表。

(ii) スプリンクラーがサービス、および本プラットフォームを提供するため、または適用法を遵守するために必要なソーシャルメディア情報の使用。

(iii) スプリンクラーサービスを提供するために接続サービスのお客様アカウントへアクセスすること。

     5.  料金と支払

5.1                   お客様は、注文書で定められた期間内に、各該当注文書、またはSOWに示されるすべての料金(以下、両者を合わせて「料金」といいます。) をスプリンクラー に支払うものとします。

お客様は、請求書の受領から5営業日以内に、スプリンクラーに書面で正当な異議を通知した場合には、当該異議の対象となる料金(以下「異議対象料金」といいます。)の支払いを留保できます。ただし、異議対象料金以外のすべての料金は、遅延なく支払われるものとし、異議対象料金は、異議の解決から10日以内に支払われるものとします。

該当する注文書、またはSOW内で別途明記されない限りは、料金は円建てとし、日本円で支払われるものとします。

注文書に示される本プラットフォームの料金は、毎年、前払いで支払われ、 SOWに示される専門サービスの料金は、該当SOW に明記される条件で支払われるものとします。

本契約で明示される場合を除いて、すべての料金は、キャンセルおよび返金不可であり、使用ベースでなくスプリンクラーサービスの購入ベースで発生します。

お客様は、該当する注文書またはSOWに記載された、スプリンクラーサービス実施時に発生した合理的な立て替え費用のすべてを、該当領収書やその他の資料をお客様に提出した後速やかにスプリンクラーに支払うものとします。

5.2                   スプリンクラーが支払期日から15日以内にお客様から料金を受領できない場合には、お客様は、スプリンクラーに対して、1ヵ月あたり1.5%又は法律上認められる最高金利のうちいずれか低い方の遅延損害金を支払うものとします。

さらに、支払期日を30日超えてもお客様から料金及び費用が支払われない場合は、スプリンクラーは、(i) スプリンクラーサービスの提供を停止し、(ii) お客様は、スプリンクラーがサービスの提供を再開する前にかかる料金、および費用の全額を支払うものとします。

5.3                   すべての料金には税を含んでおらず、お客様は、スプリンクラーの収入に基づき発生する税を除き、本契約に起因して課税されるすべての税を遅延なく支払うものとします。

     6.  契約期間および契約の解除

6.1                   本契約の有効期間は、発効日からすべての注文書およびSOWが完了または解約されるまで続くものとします(以下「契約期間」といいます。)。各注文書およびSOWは、各書面に記載された通り、個別の有効期間を有します。

6.2                   いずれの当事者も、相手方当事者が本契約、注文書、およびSOWに対する重大な違反を犯し、かかる違反に関する書面による通知を受領した後、違反当事者が30日以内に違反行為を是正しない場合には、本契約、すべての注文書、およびSOWを解除できます。ただし、セクション2、3、4、または8の是正可能な違反は、是正猶予期間を3日間とします。

6.3                   理由のいかんを問わず、本契約が満了し、または解除された場合は以下のとおりとします。

(i)お客様は、ただちにスプリンクラーに支払うべき金額を送金して支払うものとします(送金手数料はお客様の負担とします。)。

(ii)本プラットフォームを使用するすべての権利は、直ちに停止され、専門サービスの提供は、直ちに終了します。

(iii)各当事者は、相手方当事者の秘密情報を、情報を開示した当事者の要求に応じて30日以内に返却または破棄するものとします。

(iv) セクション3.2、4.1、4.2、5、6.3、および8から11、その他規定された趣旨から効力を失わない規定は共に本契約終了後も引き続きその効力を有するものとします。

ただし、お客様がlegal@sprinklr.comに要請し、かかる要請が契約解除の有効日から10日以内に受領されたときは、スプリンクラーは、お客様がダウンロード可能なソーシャルメディア情報およびコンテンツのファイルを作成します。契約解除の有効日から10日間を過ぎると、スプリンクラーは、ソーシャルメディア情報やコンテンツを保存し提供する義務を負いません。

     7.   表明保証

7.1                    各当事者は、本契約を締結してその義務を履行する権利及び権限を有することを表明し保証するものとします。

スプリンクラーは、本契約期間中、本契約に基づき明示的に認められる通りにお客様が本プラットフォームを使用する場合に、本プラットフォームがすべての重要な点において本契約および各注文書またはSOWの条件に従って機能することを保証します。

お客様は、本プラットフォームが前述の保証条件を満たしていないと判断する場合は、スプリンクラーが不具合を再現するに足る詳細情報を含む不具合通知を迅速にスプリンクラーに提示するものとし、その場合には、スプリンクラーは、特定された不具合を是正するために商業上合理的な努力を払うものとします。

スプリンクラーが不具合を是正しない場合は、いずれの当事者も不具合の存する注文書またはSOWを解除することができ、その場合において、スプリンクラーは、解除後の期間に対して前払いされた料金の相当額をお客様に返金するものとし、その他の法的責任を負わないものとします。

7.2                   本セクション7で明示される場合を除き、スプリンクラーサービスおよびそのすべての機能は、「現状有姿で」、かつ、「可能な限度範囲内で」提供され、スプリンクラーは、権利非侵害、市場性、特定目的に対する適合性、およびスプリンクラーサービス(本プラットフォームを含む)の安全性、中断・遅延・エラーがないこと等について、明示的または黙示的を問わず、あらゆる表明または保証を行いません。

     8.  秘密保持義務

8.1 「秘密情報」とは以下を指します。

(i)製品計画、デザイン、ソースコード、マーケティング計画、事業機会、人事、調査、開発、またはノウハウ等を含む、事業若しくは技術に関する情報。(本プラットフォームを含め(現在、または計画の双方の)スプリンクラーサービスに関する前述の情報すべてはスプリンクラーの秘密情報となり、お客様の事業に関する前述の情報すべてはお客様の秘密情報になります。)。

(ii) 情報を開示する当事者が「秘密情報」または「専有情報」と指定する情報、もしくは、状況全体を考慮して合理的に秘密とみなされる情報。なお、秘密情報には本契約期間前、または期間中に開示された双方の情報が含まれます。

ただし、以下の情報は、秘密情報には含まれません。

(i)公知である情報、または情報を受領した当事者が、不正に開示を受けることなく一般に公開された情報。

(ii) 情報を受領した当事者にとって既知の情報、または秘密情報を正当に保有し開示する法的権利を有する第三者から、秘密ではない情報として開示された情報。

(iii)情報を開示した当事者の秘密情報を一切使用せずに、情報を受領した当事者が独自に確立し、かつかかる秘密情報にアクセスのない人物が独自に確立した情報。

8.2                   お客様とスプリンクラーは、本契約に基づく義務の履行以外の目的で相手側当事者の秘密情報を使用しないことに合意するものとします。

本契約期間中および契約期間終了後は、情報を受領した当事者は、情報を開示した当事者の書面による事前の同意なく、情報を開示した当事者の秘密情報を第三者に開示することができないものとします。ただし、法が要求する場合は例外とします(情報開示を義務付けられた当事者は、法的に許容される範囲内で、かかる法的要求を相手側当事者に事前に通知するものとします)。

情報を受領した当事者は、従業員、契約社員、アドバイザー(以下「代理人」といいます。)が本セクションおよび本契約の適用規定に遵守することに責任を負い、各代理人が情報を開示した当事者の秘密情報を秘密として保持し、本契約に基づく情報受領当事者の義務の履行に必要な場合に限りかかる秘密情報を使用することを約束する同意書を取得するものとします。

情報を受領した当事者は、その代理人が本契約を遵守することに責任を負います。明確化のため補足すると、お客様は、スプリンクラーサービスを使用しているという事実は公表できますが、スプリンクラーサービスの用途、機能、その他の情報(本プラットフォームのスクリーンショットや具体的な特徴等)の詳細のいずれについても、スプリンクラーの秘密情報ですので開示することはできません。

9.     補償

9.1                   お客様が本契約を遵守して使用する限りにおいて、第三者からお客様側当事者に対して、スプリンクラーサービス(コンテンツ、ソーシャルメディア情報、および接続サービス権限の使用を除く)が第三者の知的財産権を侵害するとの主張により損害賠償請求、訴訟、裁判、法的手続き(以下「クレーム」といいます。)が申し立てられた場合、スプリンクラーは、お客様およびその関連会社(以下「お客様側当事者」といいます。)に対して、お客様側当事者に発生する損失額、債務、費用、諸経費(合理的な弁護士費用を含みます。)、違約金、裁判費用、調停費用、損害賠償請求額(以下「損失」といいます。)を補償し、損害を負わせないものとします。

お客様が、本契約および該当する注文書、またはSOW に基づきスプリンクラーサービスを使用される限り、スプリンクラーにおいて第三者の権利を侵害していると合理的に考えた場合には、スプリンクラーは、自費で、(x)お客様のためにスプリンクラーサービスの侵害部分を引き続き使用することができる権利を第三者から取得するか、または、(y) スプリンクラーサービスの侵害部分の一部、またはすべてを置換、または変更して、第三者の権利を侵害せずに実質的に同等の機能を提供するものとします。ただし、(x)と (y)のいずれも商業上合理的な条件で実現できない場合は、スプリンクラーは、権利を侵害したスプリンクラーサービスの提供を停止して、提供停止後の期間に対して既に前払いをしている料金をお客様に返金する場合があります。

お客様は、かかる損害賠償請求が発生した場合には、スプリンクラーに対し、本セクション9.1に記載された補償のみを請求することができるものとします。

9.2                   お客様は、スプリンクラー、Sprinklr Inc.およびその関連会社(以下「スプリンクラー側当事者」といいます。)に対し、スプリンクラー側当事者が以下の主張により請求されたことによって生じる損失を補償し、損害を負わせないものとします。

(i) 本契約に基づき認められる通りにスプリンクラーが使用する場合において、コンテンツ(コンテンツ内で販売促進されている製品やサービスを含みます)、ソーシャルメディア情報、接続サービス権限が法律、または接続サービスの指針、または規定に違反し、若しくは第三者の権利を侵害すること。

(ii) ソーシャルメディア情報が、適用されるプライバシー指針、法規制、接続サービス指針、および規定に違反して取得され、または使用されていること。

9.3                   本契約に含まれる補償の義務は、以下を条件とします。

(i) 補償を求める当事者(以下「被補償者」といいます。)が損害賠償請求の通知を受領後5日以内に、被補償者から補償を請求される当事者(以下「補償者」といいます。)に対し、当該クレーム内容について通知すること(ただし、クレームに対する補償者の防御能力を著しく損なう場合を除き、この条件が満たされなくても、補償者は補償の義務を免除されません。)。

(ii)補償者がクレームに対する防御活動や解決を完全に支配すること。被補償者の同意なく和解を行うことはできませんが、合理的な理由なく同意を留保または遅延できないものとします。

(iii)補償者の希望に応じて、被補償者はクレームに対する防御活動に合理的に協力すること。ただし、被補償者は、自身の選択により、自らが費用を負担することによって、補償対象のクレームに対する防御活動に参加できますが、補償者の相手方として手続に参加したり、法的責任を認めたり、防御活動に不利になる行動をとることはできません。さらに、被補償者は、全クレームのすべてから相手側当事者を無条件に免れさせるものでない限り、または相手側当事者が事前の書面による同意(合理的な理由なく留保されることのないものとします)を与えない限り、補償対象の損害賠償請求について和解をすることができません。

9.4                   本セクションに記載された第三者からの請求に対しては、各当事者は、相手方当事者に対して本セクション9に記載された法的責任のみを負い、また、本セクション9に記載された救済のみを受けうるものとします。

10.   責任制限

10.1                   スプリンクラーは、スプリンクラーのプラットフォームを通じて処理されまたはそこに保存される可能性のある、接続サービスのユーザーからのコンテンツ、コミュニケーション、またはデータに起因しまたは関連するあらゆる事項について責任を負いません。

10.2                   いかなる場合も、スプリンクラー側当事者は、収益や想定利益の損失、事業機会の損失、売上機会の損失、またはスプリンクラーサービスに関連するその他の損失等の、本契約に関連して間接的・例外的・偶発的・派生的に発生するすべての損害に責任を負いません。

10.3                   (i)両当事者の補償義務、(ii)セクション3.2の違反、(iii) スプリンクラーによる知的財産権侵害(本セクションに限りません)を除き、いかなる場合でも、本契約またはお客様のスプリンクラーサービスの使用に起因する一方の当事者から相手方当事者へのあらゆる損害賠償、損失、請求権(契約または不法行為(過失を含み、かつ過失に限らない)を根拠とするか否かを問いません。)に関する責任総額は、責任が発生する日以前の12ヵ月間に本契約に基づきお客様から スプリンクラーが受領した料金または受領すべき料金の総額を超えないものとします。

お客様は、スプリンクラー が責任制限および本契約に記載する保証や損害賠償請求の免責を前提に価格を設定し本契約を締結していること、この責任制限と免責が両当事者間の取引の根幹的な基盤を形成することを理解し了承するものとします。

両当事者は、当事者の本質的目的が履行されない結果となった場合でも、本契約で指定する責任制限および免責が引き続き効力を有し適用されることに合意するものとします。

11.   一般条項

11.1                   本契約に基づくすべての通知は、書面によるものとし、注文書に記載される住所の本契約書署名者宛て、または本セクションで当事者が指定する別の住所に送付することをもって通知されたものとみなします。

11.2                   本契約は、日本法を準拠法とします。両当事者は、本契約について裁判上の紛争が生じた場合は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄とします。両当事者は、国際物品売買契約に関する国際連合条約が本契約に適用されないことを明示的に了承するものとします。

11.3                   いかなる場合でも、お客様は、損害賠償請求権が発生した日から6ヶ月を経過した後は、スプリンクラーに対して本契約に関するいかなる法的措置もとれないものとします。

11.4                   本契約は、各注文書やSOW と合わせて、本契約の主題に関する両当事者の完全なる合意を形成し、本契約の主題に関する以前の了解事項すべて(本契約に従い本契約の日以降に開示される秘密情報について、本契約の主題に関して両当事者間で本契約とは独立になされた秘密保持にかかる合意を含む)に優先し、本セクション11.13に従って本規約を変更する場合を除き、本契約、注文書およびSOWは、両当事者が署名した書面によってのみ変更し、または権利を放棄することができるものとします。

11.5                   スプリンクラーサービスは、米国やその他諸国の輸出の法規制の対象となる場合があります。お客様は、すべての関連輸出法を遵守し、スプリンクラーサービスがこれらの法規に違反して使用されまたはアクセスされないことを保証するものとします。

11.6                   本契約で明示的に規定される場合を除いて、本契約で規定される救済措置のすべては、その他の救済措置を排除するものではありません。

11.7                   お客様は、スプリンクラーがお客様に対してスプリンクラーサービスを提供することについてプレスリリースの発行を希望する場合は、スプリンクラーに合理的に協力するものとします。

スプリンクラーは、販促資料(白書、ケーススタディ、ウェブサイト、ソーシャルチャネル等を含み、これらに限定されません)および宣伝用プレゼンテーションにおいて、スプリンクラーの顧客としてお客様の名称等を記載できるものとします。

11.8                   支払期限の到来した金額の支払いを除き、いずれの当事者も、天災、火災、労働争議、政府の措置等(これらを含み、またこれらに限定されません)の当事者の合理的な支配を超える状況によって、本契約上の義務の不履行または履行の遅滞が生じたときは、相手方当事者に対して責任を負わないものとします。

11.9                   スプリンクラーは、スプリンクラーサービスの運営および使用から得られる匿名かつ集合的、統計的データ(以下「統計的データ」といいます。)を、経営または事業運営の目的で使用するワールドワイド、無期限、変更不能な権利を有します。ただし、スプリンクラーは、セクション8で認められる場合を除き、お客様、お客様のユーザー及びお客様の秘密情報が特定できる統計的データを第三者と共有しません。

11.10                   いずれの当事者も、相手方当事者の事前の同意なく本契約の全部または一部を譲渡することができません。ただし、いずれの当事者も、事前の通知をすることによって関連会社に対しては同意がなくても譲渡でき、さらに合併、当事者の事業すべて又は実質的にすべてを売却する場合、その他当事者の支配権に変更があった場合も事前の通知によって相手方当事者の合意なく譲渡できます。譲渡を行うときは、譲受人が譲渡人である当事者の本契約に基づく債務を引き継ぐことを書面で明示しなければなりません。

11.11                   両当事者は別個独立の当事者であり、本契約のいずれの内容も両当事者の間に社団または法人、組合または共同経営体、合弁企業を構築するものではありません。

いずれの当事者も、本契約に明記されるもの以外の表明や保証によって本契約の締結を促されておらず、それらに依拠していません。

管轄裁判所が本契約の規定の一部が強制不能と判断する場合においても、その余の規定は完全に有効性を維持するものとし、お客様は、強制不能な規定について、スプリンクラーの判断によってその規定の意図および経済的効果に最も近い執行可能な規定と差し替えられることに異議なく同意します。

11.12                   本規約と、SOWまたは注文書の規定との間に矛盾のある場合は、該当するSOWまたは注文書が網羅する内容に関しては、SOWまたは注文書の条件が優先されます。

11.13                   スプリンクラーは、お客様に通知することによっていつでも本規約を変更できます。

お客様は、電子メールの送付またはスプリンクラーのウェブサイト上での変更の公表をもって、かかる変更の通知を受けるものとします。

本契約条件の変更が本サービスの使用に関するお客様の権利に重大な影響を与える場合は、お客様は、本サービスの使用を打ち切ることができます。

本契約条件の変更が通知された後もお客様が本サービスの利用を続ける場合は、お客様が変更後の本契約条件に同意したものとみなされます。

12.   サービス品質保証(Service Level Agreement : SLA

12.1                   プラットフォームの利用可能時間

スプリンクラーは、通常無休で本プラットフォームを利用できるようにするために商業上合理的な努力をはらい、本プラットフォームの利用可能な時間を最大限確保します(以下「利用可能時間のコミットメント」といいます。)。「利用可能時間」とは、本プラットフォームをお客様が使用できる月あたりの時間をいいます。「ダウンタイム」とは、本プラットフォームが利用できない時間から正当な理由がある利用不可能な時間を除いた時間をいいます。利用不可能になる正当な理由とは以下のとおりとします。

(i)計画されたメンテナンス(現在は米国東部時間で土曜日の5:00amから米国東部時間土曜日の8:00amまで、またはお客様に通知したうえで米国東部時間月曜日の12:00 amから米国東部時間金曜日の9:00pm以外の別の時間帯)。

(ii)お客様またはその代理人の作為または不作為、またはお客様による本契約への違反。

(iii)ネットワークが使用できないことまたはスプリンクラーのネットワーク外のバンド幅の限界。

(iv) スプリンクラーのサプライヤのソフトウェア、ファームウェア、またはハードウェアのバグ等の問題。

(v)ハック、ウイルス感染、デバイスの不具合、本プラットフォームへのアクセスの障害となるその他の攻撃。

(vi)停電やその他通信・インターネットの不具合。

(vii) スプリンクラーの支配を超える不可抗力を指します。

(iv) および (v)は、停電がホスティング業界の合理的かつ習慣となっている予防策で防止できない場合は、正当な理由で利用不可能な時間の計算に含めるものとします。

利用可能時間は、以下のように計算します。(月の合計分数-ダウンタイムの合計分数)÷ (かかる月の合計分数)

12.2                   契約解除のオプション

スプリンクラーが、2ヵ月連続で利用可能時間のコミットメントを達成できないか、または12ヵ月の間に3ヵ月達成できない場合は、達成できない月の月末から30日以内にその旨をお客様に通知します。

お客様は、かかる通知の受領後30日を経過した後に本契約を解除することができ、解除の効力が発生した日以降の期間に対して前払いしている料金の返金を受領できます。このSLAの規定は、あらゆる種類のサービス内容の不備に対するお客様の唯一かつ排他的な救済措置を明記するものです。

12.3                   プラットフォームのサポート

スプリンクラーは、商業上合理的な努力をはらい、お客様に以下の本プラットフォームのサポートを提供します。

(i)通常無休で利用できるスプリンクラーのサポートポータルへのオンラインアクセス(スプリンクラーの支配を超える状況が発生した場合)。

(ii) スプリンクラーの電話サポートライン(現在は日本標準時間で月曜日から金曜日までの10:00amから6:00pmまで)。

(iii)お客様のアカウントマネージャーへのアクセス。

スプリンクラーは、商業上合理的な努力をはらい、お客様が以前は想定通りに機能していた本プラットフォームやそのコンポーネントにアクセスできない事態(以下「問題」といいます)について、お客様からスプリンクラーのサポートチームに上記の3つの方法のいずれかを利用した連絡を受けてから8時間以内に対処します。

     13.  反社会的勢力の排除

13.1                   お客様は、スプリンクラーに対し、位以下の事項を確約するものとします。

(i) 自らが、暴力団、暴力団関係企業、総会屋若しくはこれらに準ずる者又はその構成員(以下総称して「反社会的勢力」といいます)ではないこと。

(ii) 自らの役員(業務を執行する社員、取締役、執行役またはこれらに準ずる者をいいます)が反社会的勢力ではないこと。

(iii) 反社会的勢力に自己の名義を利用させ、この契約を締結するものでないこと。

(iv) 自らまたは第三者を利用して、本契約に関して、(a)相手方に対する脅迫的な言動もしくは暴力を用いる行為、(b)偽計、威力を用いて相手方の業務を妨害し、もしくは信用を毀損する行為をしないこと。

13.2                   スプリンクラーは、お客様が以下のいずれかに該当した場合には、何らの催告を要せず、本契約を解除することができます。

(i)セクション13.1に記載された(i)または(ii)の確約に反する申告をしたことが判明した場合。

(ii) セクション13.1に記載された(iii)の確約に反し契約をしたことが判明した場合。

(iii) セクション13.1に記載された(iv)の確約に反した行為をした場合。

13.3                   セクション13.3の規定により本契約が解除された場合には、お客様は、スプリンクラーに対し、違約金(損害賠償額の予定)として、残存する契約期間に対応する料金を直ちに支払うものとします。

13.4                   セクション13.3の規定により本契約が解除された場合には、お客様は、スプリンクラーに対し、解除によって生じる損害について、一切の請求を行わないものとします。