Sprinklr について

優れたカスタマー エクスペリエンスを世界に。

会社概要

会社名: Sprinklr Japan 株式会社
設立: 2014年12月8日
創業: 2015年4月22日
事業内容: ソフトウェアSprinklrの販売およびサポートほか
代表取締役: 八木健太
所在地: 東京都港区六本木7−18−18 住友不動産六本木通ビル
従業員数: 45名(2018年3月現在)

 

Sprinklrについて

ソーシャルメディアの普及によって消費者は互いにつながり、かつてない力を持つようになりました。企業にとって、これは非常に大きな変化です。

人間的、直観的なエクスペリエンス(体験)をあらゆるタッチポイントですべての顧客に提供する能力。それは、現代のエンタープライズにとって唯一の、そして最も戦略的な投資対象です。

私たちはこの変化とそれに伴う課題を初めから見てきました。そして、この課題に対する答えとして、前例のないエンタープライズ ソフトウェアを作りました。

10ヶ国に1,100名を超える従業員を要する当社の顧客には、ナイキ、マクドナルド、マイクロソフトを始めとするグローバル エンタープライズ、Fortune誌による全米上位 50 社の約半数、その他にも1,000のブランドが名を連ねています。

Sprinklrは、エンタープライズのための、最も総合的なソーシャルメディア マネジメント システムです。Facebook、Twitter、LinkedIn、その他21のチャネルにわたるマーケティング、広告、ケア、セールス、リサーチ、コマースを一元的に管理・運用し、世界規模で展開できる唯一の統合プラットフォームで世界のリーディング ブランドを支えています。

Sprinklr を全組織的に導入し、メール、CRM、ウェブサイトなど、顧客に接する既存システムにつなぐと、エンゲージメントのための統合システムになります。このシステム上ではすべての関係者がビジネスユニット、市場、部署間の壁をこえてリアルタイムに協力し、世界規模でカスタマー エクスペリエンスを管理・運用できます。

当社のサスティナビリティポリシーについてはこちらをご覧下さい。

リーダーシップ


Ragy Thomas, Founder & CEO

テクノロジー ビジョナリーにして起業家、そしてエンタープライズにとって重要なビジネスツールであるソーシャルメディアとメールの発展において重要な役割を果たした投資家でもあります。1000 社以上のグローバル ブランドに総合的なソーシャル テクノロジーを提供する Sprinklr の創業者として、あらゆるタッチポイントを通じた良質なカスタマー エクスペリエンスの提供を可能にする対顧客業務の革新を後押ししています。
Sprinklr 創業以前の2006年から2008年には Epsilon’s Interactive Service (NYSE:ADS) の社長を務め、それ以前は2005年に Epsilon 社に買収された Bigfoot Interactive社の CTO を務めました。

ニューヨーク大学レナード・N・スターン・ビジネススクールでファイナンスと情報システムのMBAを、インドのポンディシェリ大学のコンピューターサイエンスエンジニアリングの学位を取得。2009 年に共同で創設したデジタルマーケティングサービス会社の Kenscio と、モバイルファッションアプリの会社Clothでは、取締役会に名を連ねています。


Carlos Dominguez, President

エンタープライズ テクノロジーの分野で 30 年にわたるキャリアを通じて、常に情熱的にイノベーションに取り組んできました。Sprinklr の戦略を方向付ける役割を担い、世界に類を見ないエンタープライズ ソーシャル テクノロジーのマーケティング、セールス、アライアンス部門を統括しています。

Sprinklr の役員に就任する前は Cisco Systems (NASCQScco/CSCO)で 22 年間にわたって様々な役職を務めました。最後の 7 年間は Cisco のテクノロジー エバンジェリストおよび会長代行兼CEOを務め、世界中のオーディエンスに向けて基調講演を行いました。金融サービス、メディア、製薬のマーケットにおける Cisco の確固たる地位の確立に大きく寄与し、Cisco のサービスプロバイダーオペレーションを率いて年間 140 億ドル以上の利益を生むまでに成長させました。Cisco 以前は、Timeplex 社、New Jersey Bell/Bell Atlanticom でマネジメント職についていました。

Medidata Solutions, Inc.、CDC Foundation、Cisco Foundation、NJIT Board of Overseers & Catalyst、Princess House でも取締役会に名を連ねています。


Pavitar Singh, Chief Technology Officer

リーダーであり、起業家、そして優れた企業と製品を作ることに情熱を注ぐ技術者でもあります。Sprinklr では全製品の開発、R&D および開発に関するグローバル オペレーションを統括しています。革新的なソーシャルメディア企業UserRulesの共同創業者であり、その中核技術の開発を統括しました(同社は後に Sprinklr が買収。そのテクノロジーは現在も Sprinklr に活かされています)。

グルガオンの Management Development Institute、Dhirubhai Ambani Institute of Information and Communication Technology の両校で取得した学位を持ちます。


Chris Lynch, Chief Financial Officer

テクノロジー、ソフトウェア、広告業界における専門性と深い知見をもつ財務担当役員。Sprinklr の CFO として、財務、M&A、法務、ファシリティのグローバル チームを統括しています。イノベーティブな思考と診断的問題解決力を駆使して、変化の激しい時期に複数の国際的な企業を率いてきました。Sprinklr 以前のキャリアでは、eコマースとソーシャルデータ企業であるBazaarvoice 社(NASDAQ:BV)での業績が広く知られています。2012 年の同社の IPO に際しては、 主導的な役割を担いました。他にも、2009 年に Open Text Corporation 社に買収されたコンテンツ マネジメントとコラボレーション ソフトウェア ベンダーの Vignette Corporation(NASDAQ:VIGN)、2003 年に Peoplesoft 社に買収された ERP ベンダーの JD Edwards(NASDAQ:JDEC)など、高成長のテクノロジー企業において財務部門を統括した実績があります。

Luca Lazzaron, Chief Revenue Officer

エンタープライズ ソフトウェアと SaaS 企業での20年以上にわたる経験をSprinklr でのセールスとソリューション コンサルティングを統括する業務に活かしています。Sprinklr 以前は BMC Software、BladeLogic、Fuze、Cisco.Bumns などの企業でジェネラルマネージャーやグローバルセールスリードを歴任してきました。スタートアップ企業へのアドバイザーとしても知られ、フォーチュン500に名を連ねるブランドのオペレーション マネージメントをサポートし、そのキャリア全体を通じてベンチャーキャピタルとリサーチコンサルティング企業に緊密に協力してきました。

また、重度の身体障害を持つ子供たちのリハビリと長期のケアを専門とするアッシジの Istituto Serafico を支援しています。

ヴェネチア大学にて、ビジネスと経営者の 経済学の修士号を取得しています。


Eileen Schloss, Chief Human Resources Officer (interim)

人事部門での 30 年以上にわたる経験、それに基づく深い知見を Sprinklr にもたらし、Sprinklr 特有の優れた就労環境をグローバルに作りだすアドバイザー、パートナー、コーチとして大きな信頼が寄せられています。Fortune 500 に名を連ねる有名企業から IPO 前のスタートアップに至るまで、様々な企業の CEO や取締役会とかかわって、成長目標を達成するための革新を後押ししてきました。

Sprinklr の役員に就任する以前には、バイオ医薬品市場で SaaS 製品を提供する上場企業 Medidata の人事部門で EVP を担当し、グローバルレベルで人事、不動産、ファシリティを統括しました。また、デジタルメディアエンターテインメントのソフトウェアとサービスを提供する会社、Rovi Corporationに 5 年間籍を置き、世界各地の 2,500 人の従業員を対象に人員確保と人事全般のアクティビティを統括しました。Apple Computer、Caspian Networks, Inc.、Exodus Communications、AppGenesys Inc. などの企業では、人事部門のトップとしてリーダーシップを発揮しました。Charles Schwab, IncとTandem Computers, Inc.でも人事部門の責任者を務めました。

ペパーダイン大学にてテクノロジー マネジメントの修士号を、サンフランシスコ大学では組織行動学の学士号を取得しています。


Murali Swaminathan, EVP, Client Success and Engineering

ブランドと顧客の距離を縮めることに情熱を傾け、カスタマー サクセス、サービス、サポートをグローバルレベルで統括します。

Sprinklr の創業に関わる以前は Cisco Systems(NASDAQ:CSCO)の幹部のひとりであり、 Cisco Engineering の最高責任者として吸収合併時の技術的な統合を指揮するなど、数々の業績を上げました。また、Cisco の顧客に次世代の IT ソリューションを提供することを念頭に、グローバル データセンターの戦略策定とマネジメント オペレーションの開発を指揮しました。Cisco 以前には Teltier Technologies, Inc. にてエンジニアリング担当副社長を務め、プラットフォーム開発とエンジニアリング管理に加えて、Dynamicsoft 社との合併も指揮しました。Dynamicsoft では、2004 年に同社が Cisco に吸収されるまで、SIP 製品のエンジニアリングを指揮しました。エンジニアリング、インテグレーションにおける深く広範なバックグラウンドと開発におけるリーダーシップを武器に、エンタープライズ テクノロジー分野の革新的なソリューションの提供にコミットしています。

ライト州立大学でコンピューター工学の修士号を、ニューヨーク大学のレナード・N・スターン・スクールでMBAを取得しています。


Tony Coffey, SVP, Corporate Development & Strategic Operations

セールス、パートナーシップ、オペレーション、サービスのマネジメントにおいて 20 年以上にわたって築き上げた実績と知見を活かし、Sprinklr が現在実施している戦略的プランニングと、フロントオフィスのグローバル レベルのオペレーションを牽引しています。Sprinklr の役員に就任する以前は VCE の戦略部門の責任者として、EMC によるVCE 吸収の交渉を担当し、その後の組織再編および EMC への統合を指揮しました。

パデュー大学にて学士号を、シカゴ大学ブース・スクール・オブ・ビジネスにて MBA を取得しています。

取締役会


Ragy Thomas, CEO & Founder

テクノロジー ビジョナリーにして起業家、そしてエンタープライズにとって重要なビジネスツールであるソーシャルメディアとメールの発展において重要な役割を果たした投資家でもあります。1000 社以上のグローバル ブランドに総合的なソーシャル テクノロジーを提供する Sprinklr の創業者として、あらゆるタッチポイントを通じた良質なカスタマー エクスペリエンスの提供を可能にする対顧客業務の革新を後押ししています。
Sprinklr 創業以前の2006年から2008年には Epsilon’s Interactive Service (NYSE:ADS) の社長を務め、それ以前は2005年に Epsilon 社に買収された Bigfoot Interactive社の CTO を務めました。

ニューヨーク大学レナード・N・スターン・ビジネススクールでファイナンスと情報システムのMBAを、インドのポンディシェリ大学のコンピューターサイエンスエンジニアリングの学位を取得。2009 年に共同で創設したデジタルマーケティングサービス会社の Kenscio と、モバイルファッションアプリの会社Clothでは、取締役会に名を連ねています。


Carlos Dominguez, President

エンタープライズ テクノロジーの分野で 30 年にわたるキャリアを通じて、常に情熱的にイノベーションに取り組んできました。Sprinklr の戦略を方向付ける役割を担い、世界に類を見ないエンタープライズ ソーシャル テクノロジーのマーケティング、セールス、アライアンス部門を統括しています。

Sprinklr の役員に就任する前は Cisco Systems (NASCQScco/CSCO)で 22 年間にわたって様々な役職を務めました。最後の 7 年間は Cisco のテクノロジー エバンジェリストおよび会長代行兼CEOを務め、世界中のオーディエンスに向けて基調講演を行いました。金融サービス、メディア、製薬のマーケットにおける Cisco の確固たる地位の確立に大きく寄与し、Cisco のサービスプロバイダーオペレーションを率いて年間 140 億ドル以上の利益を生むまでに成長させました。Cisco 以前は、Timeplex 社、New Jersey Bell/Bell Atlanticom でマネジメント職についていました。

Medidata Solutions, Inc.、CDC Foundation、Cisco Foundation、NJIT Board of Overseers & Catalyst、Princess House でも取締役会に名を連ねています。


Murali Swaminathan, EVP, Client Success and Engineering

ブランドと顧客の距離を縮めることに情熱を傾け、カスタマー サクセス、サービス、サポートをグローバルレベルで統括します。

Sprinklr の創業に関わる以前は Cisco Systems(NASDAQ:CSCO)の幹部のひとりであり、 Cisco Engineering の最高責任者として吸収合併時の技術的な統合を指揮するなど、数々の業績を上げました。また、Cisco の顧客に次世代の IT ソリューションを提供することを念頭に、グローバル データセンターの戦略策定とマネジメント オペレーションの開発を指揮しました。Cisco 以前には Teltier Technologies, Inc. にてエンジニアリング担当副社長を務め、プラットフォーム開発とエンジニアリング管理に加えて、Dynamicsoft 社との合併も指揮しました。Dynamicsoft では、2004 年に同社が Cisco に吸収されるまで、SIP 製品のエンジニアリングを指揮しました。エンジニアリング、インテグレーションにおける深く広範なバックグラウンドと開発におけるリーダーシップを武器に、エンタープライズ テクノロジー分野の革新的なソリューションの提供にコミットしています。

ライト州立大学でコンピューター工学の修士号を、ニューヨーク大学のレナード・N・スターン・スクールでMBAを取得しています。


Neeraj Agrawal, General Partner, Battery Ventures

2000年にBattery Venturesに入社し、エンタープライズソフトウェア、SaaS、テクノロジーサービス、インターネット関連企業への投資を手掛けています。BladeLogic(NASDAQ:BLOG、BMCに9億ドルで売却)の創業時にも投資を行いました。投資先として、BladeLogicのほか、Applimation (Informaticaが買収)、Bazaarvoice (NASDAQ:BV)、Brightree、Consona、Glassdoor、Guidewire Software (NASDAQ:GWRE)、Internet Brands (NASDAQ:INET)、LifeMed Media、Marketo、Omniture (NASDAQ:OMTR)、RealPage (NASDAQ:RP)、VSS Monitoring、Wayfair(旧CSN Stores)などがあります。また、Groupon、Panayaにも積極的に関与しています。世界中トップ100のベンチャー投資家をランク付けしたForbes Midas Listに選出されました。

John McMahon

John McMahonはエンタープライズソフトウェア分野で輝かしいキャリアを持っています。BladeLogic、BMC、Ariba、Parametric Technology Corporation(PTC)、GeoTelなどのソフトウェア上場会社5社で、ワールドワイドセールス、プロフェッショナルサービス、カスタマーサービス、マーケティング部門を率いてきた実績があります。直近のBMC Softwareでは、ワールドワイドセールス&サービス担当上級副社長を務めました。その前はBladeLogicで最高執行責任者兼ワールドワイドセールスおよびカスタマーサービス担当上級副社長に就任しており、在任中に同社は前年比100%以上の年間成長を遂げています。同社の創業から2007年に新規株式公募(IPO)を経て、最終的に8億7200万ドルでBMC Softwareに買収されるまでの間、重要な役割を果たしました。また、GeoTel(Ciscoが20億ドルで買収)では、ワールドワイドセールス担当副社長として売上高を5200万ドルまで伸ばしました。その前はPTCのワールドワイドセールス担当上級副社長として、9年間で売上を100万ドルから11億ドルまで伸ばしています。ニュージャージー工科大学で電気工学の理学士号を取得しています。

Matt Jacobson, General Partner, ICONIQ Capital

Matt Jacobson は ICONIQ Capital のジェネラル パートナーとして、eコマース、モバイル、エンタープライズソフトウェア、SaaS 企業への投資を行っています。その前の Groupon では経営、Battery Ventures および Technology Crossover Ventures(TCV)では投資に携わっていました。投資先には、kCura、Pluralsight、Alibaba Group(NYSE:BABA)、Uber、DocuSign、Flipkart、Honest Company、Red Ventures、Groupon(NASDAQ:GRPN)、HomeAway(NASDAQ:AWAY)、Warby Parker、Koudai、Automattic(WordPress)、Campaign Monitor、VMTurbo、Greensky Financial、Apttus、Blackline Systems、Wayfair(NASDAQ:W)、Everyday Health(NASDAQ:EVDY)、Yesware、Smartling などがあります。

Ed Gillis, Business Consultant and Private Investor

Ed Gillis は 2006 年 1 月からビジネスコンサルタント兼個人投資家として活動しています。2009 年から 2010 年にかけては、Skype を買収した Silver Lake Partners からの依頼を受け、Skype のエグゼクティブアドバイザーを務めました。その前は Avaya Inc. に臨時の最高財務責任者として在職していました。また、Symantec Corporation で管理および統合担当上級副社長を務めたほか、Veritas Software Corporation、Parametric Technology Corporation、Lotus Development Corporation で最高財務責任者を歴任しました。Lotus 入社前は公認会計士として Coopers & Lybrand L.L.P. のパートナーを務めていました。 2006 年以降、BladeLogic Inc.、Endeca, Inc.、EqualLogic, Inc.、LogMeIn Inc.、Sophos Plc.、Teradyne Corporation など数多くの企業の重役を務めました。クラーク大学で政治学士、南カリフォルニア大学で国際関係修士、ハーバード経営大学院で MBA を取得しています。

John T. Chambers, Executive Chairman, Cisco

John ChambersはCiscoの取締役会会長です。取締役会を指揮する立場から、同社の戦略、デジタル変革、戦略的パートナーシップに関してCEOおよび上層陣に助言を行っています。現役の会長として、国家のデジタル化、政府および実業界のリーダー、株主、取締役との関係構築を活動の中心としています。
Ciscoには1991年、ワールドワイドセールスおよびオペレーション担当上席副社長として入社しました。1995年の社長兼CEO就任を経て、2006年には会長に指名され、2006年から2015年まで会長兼CEOを務めました。20年以上の在任期間中、入社当時の7,000万ドルだった売上をCEO就任時に12億ドル、2015年の退任時には470億ドルまで伸ばしました。そのリーダーシップは数多くの賞で称えられており、2015年にはハーバード・ビジネス・レビュー誌が格付けする「世界のCEOベスト100」の第2位に選ばれ、イノベーション部門でエジソン功労賞も受賞しています。また、バロンズ誌の「世界のベストCEO」、チーフ・エグゼクティブ誌の「CEOオブ・ザ・イヤー」、タイム誌の「最も影響力のある100人」、テレビ番組『20/20』が選んだ「米国で最高の社長」、ビジネスウィーク誌の「世界のエグゼクティブ・トップ25」に選ばれたほか、ビジネス協議会の「企業リーダーシップ賞」、インベスター・リレーションズ誌の「CEOによるベストIR」(3回)、フランクリン協会からビジネス・リーダーシップ部門で2012年バウアー賞を受賞しています。

顧問


Mohan Sawhney, Innovation and Marketing Professor

Sawhney教授は、戦略的マーケティング、イノベーション、新メディアの分野で世界的に著名な学者、教育者、コンサルタント、そして講演者です。デジタル世界におけるマーケティングおよびメディア、プロセスを中心とするマーケティング、共同マーケティング、自律的成長、ネットワークを中心とする変革に研究上および教育上の関心を抱いています。思想リーダーとしても広く知られており、ビジネスウィーク誌ではeビジネス界における最も影響力のある25人の一人に選ばれました。クレインズ・シカゴ・ビジネス誌では、シカゴ地区で若い世代のビジネスリーダーを厳選した「40歳未満の40人」に選出されました。世界経済フォーラムの会員でもあります。

認定


Facebook

Facebook のマーケティングパートナープログラムの一環として、Sprinklr は現在、広告テクノロジー、コンテンツマーケティング、コミュニティー管理のプログラムで同社の認定を受けています。

当社は次の業界で認められてきました:小売、ゲーミング、CPG、エンタメ、金融、サービス、行政と政治、テクノロジー、旅行、テレコミュニケーション。

Facebook_Marketing_Partners_logo


Twitter

広告およびデータ・インサイトの双方での公認 Twitter パートナーである Sprinklr は、類まれな製品とプラットフォームでの確実な成功が Twitter に認められた数少ない選ばれた企業のうちのひとつです。

メディア・エンターテインメント、テクノロジー、金融サービス、ゲームその他の業界において、スケーラブルなキャンペーン管理、コンテンツ公開、エンゲージメントやアナリティクスを提供する Sprinklr の能力は高い評価を得てきました。

OfficialPartnertwitter


LinkedIn

公認の LinkedIn 広告パートナーと企業ページパートナーとして、Sprinklr はクライアントが顧客との関係、キャンペーンのパフォーマンス、LinkedIn における企業のプレゼンスを強化するためのサポートを行っています。
LinkedIn-Certified-Partner-Badge


Pinterest

Pinterest Marketing Partnersプログラムの正式なパートナーとして、SprinklrはPinterestのアドとコンテンツマーケティング・ソルーションの両方で 承認されています。これらのAPIは、クライアントがBoard、Pin、Promoted Pinを管理し、統一されたビューでしっかりした報告へのアクセスを許可します。

幅広い層に利用され、Pinterest ユーザーと購入行動の間に強い相関関係をもつ Pinterest は、ブランドの認知を築き、製品やサービスに人間味をもたせ、ウェブサイトへのトラフィックを増加させ、店頭での購入を推進する上で優れたチャネルです。

名前未定-2


YouTube

Sprinklr は、Youtube のサービスプロバイダーおよび API パートナーとして認定を受けており、YouTube の機能を Sprinklr プラットフォームへ組み込んでいます。


Yahoo

Sprinklr は、Yahoo Gemini キャンペーンで高品質なサービスを提供することに注力している革新的な広告テクノロジープロバイダーのコミュニティーであるYahoo プリファードパートナープログラムに参画しています。

Yahoo Gemini は検索とネイティブ広告双方の力を活用し、一か所でキャンペーンを管理・最適化するための単一の一体化ソリューションを実現します。

YahooCertifiedPartner_Badge_200px


Bitly

Bitly Partner Certification(Bitlyパートナー認定制度)は、技術およびビジネスにおけるSprinklrとBitlyの深いパートナーシップを示すものです。

このパートナーシップにより、すべての共有技術機能に対する拡張分析および機能を提供できることに加え、お互いの顧客をより高いレベルでサポートできます。

BitlyCertifiedPartner_Badge_200px


Snapchat

Sprinklrは広告主をSnapchatのコミュニティとつなげる、Snapchat広告パートナーの一員です。APIを通してのみ利用可ですので、広告主は今やユーザーのストーリーとストーリーのプレーリスト全体に、Snap Adsを配信することができます。

Sprinklr現時点で、Snap AdsとSnap Audience Matchの両方をオファーしている、唯一の広告パートナーです。当事者データを使ってカスタマイズのオーディエンスを作成し、ブランドに対するユーザーの活動や態度を基にして、彼らにリーチするそっくりなセグメントを構築しましょう。

Snapchat_Partners_logo


Frost & Sullivan

Sprinklrは、新製品イノベーションリーダーシップの部門で、Frost & Sullivan社による2014年の「北米Frost & Sullivan賞」を受賞しました。Sprinklrは、ソーシャルメディアモニタリングおよび分析市場の分析に基づく、包括的な社会リレーションシッププラットフォームで、競合するソーシャルメディアツールと比較してより多くの機能、優れた統合サポート、およびカスタマイズ可能なパフォーマンス管理を提供するなど、より完全な機能を備えています。
Sprinklr-Inc.-Award-Logo


セキュリティ

AICPA/SOCは、最も広く知られた権威のあるガイダンスです。サービスに関連した社内規制のデザインと運用に関して、独立した機関によって評価された情報を公開する画一的なメソッドをサービス企業に提供します。Sprinklr は SOC 1 (SSAE 16) TYPE I, SOC 1 Type II および SOC 2 Type II (SSAE 16)の審査を無事に通過しています。

これらの審査を完了した会社は、そうでない会社に比べ、保証と経営的見通しのレベルが大幅に高いことを示します。

SOC 1 Type I、SOC 1 Type II、およびSOC 2 Type II審査の完了は、Sprinklrが顧客に提供するサービスに最高の品質と安全性を保証するために必要とされる徹底的な管理を行い維持することへの継続的なコミットメントを象徴します。

ロゴ-soc2


TrustRadius

Sprinklrは、TrustRadiusの『Buyer’s Guide to Enterprise Social Media Management Software』で最高評価のプラットフォームに選ばれました。ランキングは、400以上の詳細なレビューとユーザーからの評価に基づいています。

2015_01-SMM_TopRatedBadge_Enterprise_172x200


Yelp

Yelpの立ち上げ当初からのパートナーとして、SprinklrはYelpのレビュー分析に公式にアクセスできますので、ビジネスの洞察とYelpのレビュー、リスト、ソーシャルデータの意見分析を提供できます。Yelpのコンテンツはカスタマーエクスペリエンスの洞察に満ちたものであり、Sprinklr はこのデータに合法的にアクセスできる数少ないプラットフォームのひとつです。Yelpと Sprinklr は共に、ブランドが顧客それぞれの包括的な概観を掴み、さらによいエクスペリエンスを提供するためのサポートを提供しています。
Yelp


LINE

LINEはアジア、特に、タイ、インドネシア、台湾と日本で最も人気のあるチャネルのひとつです。現在、毎月2億1800万のユーザーが友達に呼び出しやメッセージをしたり、ニュースの収集やモバイルでの支払い、ソーシャルゲームやストリーム再生にLINEを利用しています。当社の統合機能によって、SprinklrにはコンテンツをLINEのAPI プラットフォームである、LINE Business Connectに公開することができます。


Forrester

2017年4月のレポートで、 Forrester Wave™は:コンテンツマーケティングのプラットフォーム、Q2 2017について、SprinklrはForrester Research, Inc.より第一人者と紹介されました。

[The report evaluated nine vendors based on 37 criteria]★。[has dived]レポートでは、「Sprinklrは跳躍的なテクノロジーとビジョンを持ってCMP空間へ」と評価されています。

ForresterQ2_Certifications

Pin It on Pinterest